【ビジネス英語】ビジネスでマッサージ?massageには別の意味があります

語学

この記事にはプロモーションが含まれています。

マッサージ?ビジネスで使用されるmassageではリラックスできない

massageは通常、体をほぐす「マッサージ」の意味です。しかしビジネス英語としては、別の意味で使用されることがあります。戦略的に誰かまたは何かに対応するため、特別に注意を払って慎重に穏やかに優しく扱う」という比喩的な意味で使われます。

通常のマッサージは身体に対して行われますが、この場合は心理的なマッサージをするというイメージですね。例えば、取引先に何かセンシティブなことを伝えなければならない場合、念入りに気を使って伝えるというニュアンスで使用されます。

動詞として使用する

例えば次のように使用することができます。

  • The customer’s concerns were carefully massaged during the negotiation process.
    交渉の過程において顧客の困りごとは慎重に特別に気を使って取り扱われた。
  • The manager massaged the team’s morale by acknowledging their hard work and providing encouragement.
    マネージャーはチームメンバーのハードワークを認め、勇気づけることでチームの士気を特別に注意を払って扱った。

揉めそうな事柄を扱うときに使ってみよう

通常のmassageは身体的に揉むことに使いますが、今回紹介した意味は揉めることに使います(笑)

個人的な経験上、伝えづらいことに相手に使えなければ場面で使用されています
例えば、公式に何かを通達するとき事前に相手に非公式に伝えておくシーンで使います。この場合は日本語でいう根回しの概念に近いですね。

おまけ:おすすめの英語学習法

英語学習歴20年以上の僕がこれまで行ってきた学習方法のうちイチオシの教材や学習方法を紹介したいと思います。

オンライン英会話

会話力を底上げするには定期的に人と英語で会話するのが一番です。とはいえなかなか定期的に対面で英会話をする機会を作るのは難しいですよね。対面での英会話レッスンはお金はそれなりにかかりますし。僕は様々な対面・オンライン英会話を試してきましたが、一番継続できたのはオンライン英会話でした。時間も調整しやすく経済的で、何よりどこでもできるのが魅力です。実践的な会話力を身に付けたい人に強くおすすめします。
こちらの記事ではオンライン英会話の魅力詳しく紹介しております。

オンライン英会話が学習ツールとして優れている6つの理由
ビジネスパーソンとして英語への抵抗をなくしたい 海外と取引のある会社に勤めているとそのような取引を担当する部署に所属していなくとも、外国の先方と英語でメールをする、英語でのオンライン会議に参加する、職場にいる外国人と話す機会が少なからずある...
オンライン英会話でスキルアップできる英語能力4選
久しぶりの英語、何から勉強したらいい? この記事を読むと英語学習を始めたいビジネスパーソンがオンライン英会話を通して得られるスキルが分かり、オンライン英会話の魅力が理解できます。 職場の外国人とちょっとした英会話をすることがある、外国の取引...

 

単語帳

単語から文法まで全部が驚くほどコンパクトにまとまったDuo 3.0。これさえやれば必須知識を網羅できます。そして、知る人ぞ知るALL ON ONE。Due 3.0同様、例文内に緻密に単語、熟語、文法が組み込まれつつ、より上級者向けの内容となっています。僕は学生時代、数百周しました。

日記

日記はライティングの練習として最も身近な教材です。とにかく日々の種々雑多な出来事をネタにします。そしてライティングは客観的にレビューしてもらい、添削してもらうことが力を伸ばす上で効果的です。オンラインサービスなども活用して、なるべくネイティブに添削してもらうのが良いです。

 

TOEIC

僕は自分の英語力の現在地を知るため、かれこれ通算10回以上は受けています。TOEICで実践的な英語力が測れるわけではないですが、社会で最も認知されている英語力の指標の1つで、ある種の資格としての側面もありTOEICのスコアを持っておいて損はないです。TOEICのスコアを上げるには英語力だけでなく、解法のテクニックを身に付けるのも重要です。

留学

生活の全てが英語漬け。これが留学の醍醐味です。とにかく英語を使わないと生活が回らないので、必然的に英語に慣れていきます。そして何より異文化に触れられるので毎日が刺激的です。僕も学生時代にアメリカへ3ヶ月ほど行き、英語を使う胆力が付きました。
留学の難点は時間とお金がかかることですね。社会人なら尚更ですよね。最近は1週間〜の留学もあり、長期休暇に行ってみるのはありだと思います。

 

コメント